HOME > サービス一覧 > 将来の相続に向けて対策をお考えの方

将来の相続に向けて対策をお考えの方

将来の遺産相続の問題を控え、何から手をつけてよいかお悩みではないでしょうか。
そのお悩みをご相談できる専門家はお近くにいらっしゃいますか?
 
「遺産について子供たちとの間でもめそうだ。有効な手立てはないか?」
「相続税の納税資金が心配だ。」
「土地の有効活用を検討したい。」
「自宅などであれば大幅に評価額が減額できると聞いたが、本当に適用できるの?」
「名義株・名義預金は相続財産に含まれるの?」

など、上記のようなお悩みを抱えお困りでしたら、はやぶさ相続手続支援室にお気軽にご相談ください。
お客さまの抱えていらっしゃる問題を細分化して整理し、
ひとつずつ解決に向けての適切な相続対策をご提案致します。


相続対策の3本柱

相続対策には「円満相続対策」「納税資金対策」「節税対策」の3つがあります。そして、どれから手をつけなければいけないかの優先順位もあります。


第1「円満相続対策」
相続人同士、相争うことなく円満に相続を進めることが何より大切です。
 
近年、家族関係の希薄化、家督相続から平等相続へ変わったことによる権利意識の変化などで遺産相続を巡るトラブルは増加しています。
「相続」を「争族」にさせないためには、きめ細やかな事前の準備はかかせません。


第2「納税資金対策」
相続税は、相続税の申告期限までに金銭一括納付が原則です。
あわてて土地の売却などで納税資金準備に奔走することのないよう、事前に納税資金を確保しておくことが肝要です。
  
納税資金対策を進めるなかで、相続税を節税しつつ、資産価値を高める、といったことも可能です。


第3「節税対策」
税制改正リスクを考慮したオーダーメイドの節税対策をご提案いたします。
また、毎年のメンテナンスでブラッシュアップが可能です。


はやぶさの「相続対策」

お客さまのご要望を丁寧にお聞きしながら、お客さまにとって何が一番良いかプランを考え、ご提案いたします。


○相続財産の把握、相続税の試算、現状分析
○遺産分割シュミレーション
○遺言書作成のご相談
○生前贈与による対策
○不動産活用による対策
○保険活用による対策
○法人活用による対策
○事業承継対策
○株価評価引下げ対策


このページのトップへ